2015年05月23日

ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記

2015年読書:24冊
=================================
ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記 (コミックエッセイの森) -
ずっと健康だと思ってた。34歳脳こうそく克服記 (コミックエッセイの森) -
34歳、独身の保育士兼えほん作家が脳こうそくになり、左半身が動かなくなる。思い当たることはなく、突然の出来事。
この年になると、健康について考える。体力には人一倍自信があり健康体と自負しているが、「過信はよくないよ」と毎回妻に指摘される。
たとえ健康体でも、ある日突然、病気になることも、この世を去ることもあるだろう。過信するのも良くないが、考えすぎるのも精神衛生上どうかと思う。
今の時間を楽しみ、後悔しないように生きることかな。あとは残った家族に対して、生活できるような資産を残すことぐらい。
posted by のびー at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで

2015年読書:23冊
=================================
出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで -
出会い系のシングルマザーたち―欲望と貧困のはざまで -
非常に根深い深い問題、安直に本人が、社会福祉が悪いとは言い切れない。複合的な要因、貧困の連鎖。幼少時代からの家庭環境も大切な要因の一つ。
生活保護というシステムがあっても、様々な理由から受給することを拒む。男性に比べ、女性は社会的に弱くなりやすい。生活保護に対する偏見、絶対的に持たざる者、精神的な病。
家族のあり方、隙間からこぼれ落ちた、児童養護施設、恋愛依存体質、子供という社会的資産への支援、
自分たちの両親の頃と比べ、現代は様々な生き方がある。未婚率と離婚率の上昇により、シングルマザー(ファーザー)は、特に珍しいことではなくなったが、経済的に恵まれないことが多い。
子供を預けながら、年収400ぐらいとすれば、年間200日労働、6時間/日として時給3300円。特殊な技能か、そこそこの大企業正社員でもなければ、難しい金額。
仮に200万弱としても時給1500円。都内なら、単純作業でも見つかるかもしれないが、地方だと最悪この半分。
都内で子供と一緒に年収200万はかなり厳しい。年収200万+社会補助150万=350万となるが、今の社会状況から150万の公的支援も難しいだろう。
posted by のびー at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

三匹のおっさん

2015年読書:22冊
=================================
三匹のおっさん (文春文庫) -
三匹のおっさん (文春文庫) -
面白かったです。GW最中、風邪で自宅待機のときに一気に読み終えました。
まさに時代劇、60過ぎたオッサン3人が大立ち回り。早速、続編も予約しました。今から楽しみです。
posted by のびー at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ!

2015年読書:21冊
=================================
日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ! -
日本人を縛りつける役人の掟: 「岩盤規制」を打ち破れ! -
岩盤規制、特に医療・農業・教育の3分野。鉄のトライアングルとして、業界団体(既得権者)・族議員・役所がスクラムを組む。良い面もあると思うのだが、あまりに硬直し、既得権者だけが甘い汁を吸う。何が何でも、自由化・市場主義が良いわけではないが、本書を読むとまだまだ聖域だらけだと実感する。
先日、テレビで、ハマグリの密漁と特集していた。漁業権に反している、とあったが、そもそもの漁業権とはなんなのか。「漁場は地元の漁民のもので、ヨソ者の企業などには原則手を触れさせない」。
漁業関係者が秩序を持って漁場を管理することが大切だ!!ともっともらしい事を述べているが、どうなんらどう。
posted by のびー at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月04日

「働くパパ」の時間術 仕事も家事も育児もうまくいく!

2015年読書:20冊
=================================
仕事も家事も育児もうまくいく!  「働くパパ」の時間術 -
仕事も家事も育児もうまくいく! 「働くパパ」の時間術 -
タイトルに惹かれて一読しましたが、期待はずれでした。
一般的なビジネス書を広く浅く集めた程度で、"育児"や"家事"をかるくちりばめたぐらいです。
Amazonでの評価、図書館の予約状況から判断すると、人気はあるみたいですが、理由は分かりません。育児と仕事の両立に悩んでいるお父さんが多いのかな。
posted by のびー at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする