2015年10月30日

誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち

2015年読書:41冊
=================================
誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち -
誕生日を知らない女の子 虐待――その後の子どもたち -
ファミリーホームへの取材を通じて5人の子供たちを紹介する。幼い頃から親の愛を知らず、虐待の中で過ごしていく日々。児童養護施設やファミリーホームに移っても、後遺症として子供たちを蝕む。
社会的全体で救済していくべきだとは思うが、私個人として何をすればよいのだろうか。
posted by のびー at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月25日

鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ

2015年読書:40冊
=================================
鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ -
鳶 上空数百メートルを駆ける職人のひみつ -
何かの雑誌で取り上げられていたので一読。
写真が多く、字が大きいため、1時間ぐらいで読み終えます。

もともと鳶について興味があるわけでもなく、鳶と聞いて思い出すのは、「昔々、弟が鳶になる〜と言っていた」ぐらい。鳶について何も知らない人をターゲットとしているのか、鳶は素晴らしいですよ....というのを繰り返す。表面的な話ではなく、もう少し踏み込んで書いたほうが良かったと思う。良い悪いの側面があって、なおも鳶は素晴らしい〜でないと、説得力が無い。
posted by のびー at 05:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月24日

モンスター

2015年読書:39冊
=================================
モンスター (幻冬舎文庫) -
モンスター (幻冬舎文庫) -
女性にとって外見こそがすべてなんだと思う一冊でした。整形を重ね、きれいごとではなく外見だけを磨き上げる。美人はチヤホヤされるから性格が良い、逆もまた然り。フィクションとは言え、色々と考えるさせられる。
長女を大切に育てていこう。
posted by のびー at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月21日

動物の値段 満員御礼

2015年読書:38冊
=================================
動物の値段 満員御礼 (角川文庫) -
動物の値段 満員御礼 (角川文庫) -
昔読んだ、「動物の値段」の続編。相変わらず面白い。動物、特に爬虫類が好きなんだと良くわかる一冊。私がヒョウモントカゲモドキを買ったのは、前作を読んだことがきっかけ。動物保護団体との葛藤、ちょい話も含めてよかったです。
著者の白輪 剛史さん、伊豆の動物園を買ってiZooという変わった動物園の園長をやっているみたいです。iZooのHPを見ると、一味違うところで面白そう。今後、熱海に行くついでに行ってみよう。
posted by のびー at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイルド・プア~社会を蝕む子​どもの貧困~

2015年読書:37冊
=================================
チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~ -
チャイルド・プア~社会を蝕む子どもの貧困~ -
無料の学習支援教室を通じて"チャイルド・プア"の現状を紹介していく。難しい問題だ、現状は子供の6人に1人が貧困である。他人事ではなく、身近で起きている事実。

様々な社会情勢で貧困層が増えている。社会として、一定の割合の上位層/下位層が存在するのはしかたないにしても、現状は適切なのだろうか。子は親を選べない、問題は貧困の連鎖である。私自身、出来る範囲で支援は続けていこうと思う。
posted by のびー at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月19日

ITサービスマネージャを受験

昨日、ITサービスマネージャを受けてきました。受験会場は最寄の大学で移動が楽でした。
受験率は6割程度、30代以降の男性ばかり。同じ受験会場でNWスペシャリストとITストラテジストも対象だったが、ITサービスマネージャは一部屋のみ。人気無いことがよく分かる。

愚痴になるが、左隣の受験者が微妙であった。午前Uに遅れて登場、ギリギリで受験。その後も、独り言と動作が大げさ。出来るだけ気にしないようにしていたが、、、、。午後Uを途中で退席したので、たぶん書けていないと思うが、久しぶりに怪しげな人だった。

さて、問題の午後Uは、一応文字数は埋めて書き終えましたが、どうでしょう。想定範囲だが、漢字が分からなくて時間を費やした。"駐在"が思い出せなくて、よく分からない漢字でごまかした。
とにかく、小論文は初めてなので、感触がつかめません。合格発表は12月半ばなので、気長に待つのみ。

○午前T:免除

○午前U:簡単、12問ぐらいが過去問からの流用。

○午後T:問1と問3を選択。問1は迷うことなく30分ほどで完了。問3は、一問だけ分からずに、適当に解答。それ以外には、問題なく解答できたので大丈夫だろう。

○午後U:練習していたインシデント系、改善系が出ずに焦る。問1はコスト削減、問2は外部供給のサービスがそれぞれのテーマ。インシデント系で外部サービスを書いていたので、問2を選択。ただし、大幅なアレンジが必要だった。

・設問ア:3項に分けて記載。定番通りITサービスの概要から始め、問題に添った形式で記載。750字越えで問題なし。調子が良く、全体構想も含めココまで30分で完了。

・設問イ:悩む、特に配給者管理の”管理"が引っかかる。1200文字を目標に書き終えたが、最後の100文字は精神論的なところをダラダラと書いてしまった。

・設問ウ:評価と今後の改善。手堅くまとめたと思う。定石通り、「大体良かったが。ただし、xxxという課題があった。で改善に続く」みたいな形でまとめることができた。
posted by のびー at 06:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月12日

ITサービスマネージャの勉強、試験まで一週間

来週末は、ITサービスマネージャ試験日。小論文に四苦八苦しつつも、なんとなく書き方が分かってきました。基本的な構成は決まっており、そこに経験+問題文を当てはめていく。問題は時間配分と漢字の2点。

小論文は、インシデントと改善系にテーマを絞って練習中。目標は、本番までに7作、午前Uを過去4回分の実施。最後まで息が途切れないように頑張ろう。

■勉強計画:
午後T:過去15問(済)
午後U:09/13 - 10/11 → 小論文を5作
⇒ 現在まで4作。5作目に取り掛かっている最中。
午前U:10/11 - 10/17 → 過去問3回分
posted by のびー at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする