2016年04月18日

情報処理 プロジェクトマネージャを受験

昨日、プロジェクトマネージャを受けてきました。受験会場の神奈川大学は遠かった。
受験率は7割程度、30代以上の男性が主流。なんとなく見たことのある人がちらほら。
昨年秋に受けたITサービスマネジャは、想定外に午後Tで落ちたので、今回は午後Tに時間をかけて勉強しました。

○午前T: 免除
○午前U: 簡単、15問は確実に回答。
○午後T: 問1、問2を選択。すらすらと解けたはず。
○午後U: 問2、リスクのコントロールを選択。リスクマネージメントの論文を書いていたので、多少のアレンジを加ええ書き終える。文字数、具体例、PMBOK用語を織り交ぜて完成。15分ほど余ったので、表現を再確認し、設問3に加筆して終える。

・設問ア: 全体構成のシナリオも含めて40分ほどで完成。750文字ぐらい。
・設問イ: 予兆を2件、予兆から想定されるリスクを洗い出し、定性的リスク分析+定量的リスク分析で対処すべき予兆を選択。予防処置と、発生した場合の対処策を記載。1400文字ぐらいで完了。
40分ぐらいで一気に書き終える。
・設問ウ: 予防処置の実施結果は、効果あり評価に値するとまとめる。改善は、最初の予兆であげた点から話を広げて記載。750文字ぐらい。 15分ほど残して完成。 

全体を軽く読み返し、表現の修正と設問ウに加筆して完了。
落ちたとはいえ、ITサービスマネージャから論文は2回目。だいぶ、感触がつかめてきました。5本ぐらい論文を書いて準備すれば、2時間で十分書き終えれると感じた。
posted by のびー at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする