2016年05月29日

V.T.R.

2016年読書:30冊
================================
V.T.R. (講談社文庫) -
V.T.R. (講談社文庫) -
チヨダ・コーキのデビュー作。私の好きな、辻村深月ではなくチヨダ・コーキ。
正直、私の趣向に合わなかったですが、あのチヨダ・コーキ作として感慨深い思いはあります。
posted by のびー at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月21日

駆け出しマネジャー アレックス リーダーシップを学ぶ

2016年読書:29冊
================================
駆け出しマネジャー アレックス リーダーシップを学ぶ -
駆け出しマネジャー アレックス リーダーシップを学ぶ -
この本を読んだのは2回目。2007/06/04に一度読んでおり、約9年前。
はじめは過去に読んだことを覚えておらず、何と無く違和感を感じ、ブログを再確認。
自分自身、この9年間で「リーダシップ」と自信をもっていえることを経験し、学んできたのだろうか? 
not enoughです。

さて、本書のメッセージは、リーダーシップとはカリスマではなく、テクニックであること。テクニックである以上、適切に学びさえすれば、ある程度は習得することが出来る。
・リーダーの仕事「ビジョンを揚げる」、「部下のやる気を引き出す」、「イニシアティブに弾みをつける」
・リーダーとマネージャーの違い
 - マネージャーは、秩序を好み、リスクを減らす
 - リーダーは、変化を好み、リスクを負う
・指導力、勇敢さ、対人関係、明るさ、知性、安定感、自己規律、カリスマ性

posted by のびー at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

社内プレゼンの資料作成術

2016年読書:28冊
================================
社内プレゼンの資料作成術 -
社内プレゼンの資料作成術 -
まさにSBの発表資料を表している。個人的には好きではないが、グラフの見せ方や強調テクニックなどを紹介している。聴講者をハイレベルな役職者かつ決定権者と想定しており、ズバッとキーメッセージが伝わることに重点を置いている。「課題→現状→提案→効果」の順でロジックを組み立てる。
私自身が普段作る発表資料とは毛色が異なるが、改めてテクニックについて考える良い機会でした。

・人の視線は「Z」の形に動く
・キーメッセージは、スライド中央より「やや上」に置く(ブロック単位で)
・ポジティブメッセージは「青」、ネガティブメッセージは「赤」
・グラフは「左」、メッセージは「右」
posted by のびー at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚

2016年読書:27冊
================================
恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書) -
恋愛しない若者たち コンビニ化する性とコスパ化する結婚 (ディスカヴァー携書) -
若者の恋愛・結婚に関する情報を寄せ集めた一冊。
・恋愛と結婚は、「混ぜるな危険」
- 確かに恋愛と結婚で求めるものは違う。恋愛と結婚を分けて考えることだ。
・標準家庭モデルとの乖離
- 標準家庭モデルは、子供二人と専業主婦(パート)の4人家族。まわりを見ても、様々な形があり、決して"標準"とは言えなくなっているのだろう。

第三章の「恋愛結婚から連帯結婚へ」
多様な結婚、コスパで選ぶ新たな結婚スタイル
 通い婚、週末婚、別居婚、同級生婚、ジも婚、移住婚、里山婚、同棲婚、産むだけ婚
理解できるのは、「同級生婚、ジも婚、移住婚、里山婚」で、残りは理解不能。私の考え方が古いのだろうか〜。
posted by のびー at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法

2016年読書:26冊
================================
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) -
決算書がスラスラわかる 財務3表一体理解法 (朝日新書 44) -
財務3表「貸借対照表、損益計算書、キャッシュ・フロー計算書」が、仕分けの知識不要で分かるようになります、というのが本書の狙い。
確かに、仕分けを意識せずに計算書に落とし込んでいるが、それでも難しい。ちょうど、簿記2級を勉強しているので、ある程度は理解出来たが、文章でxをAにいれて、yをBに、zをC...と説明されても、頭に入ってこない。分かりやすく図表で説明すると理解度も高まると思う。
よく分からなかったのがキャッシュ・フロー計算書。その中でも3種あり、粉飾が難しいということは理解したが、計算方法など良くわからなかった。
スラスラ分かる!というのは、盛り過ぎだが、ちょっと簿記の知識がある人向けで、良い一冊かと思います。
posted by のびー at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

簿記のススメ‐人生を豊かにする知識‐

2016年読書:25冊
================================
簿記のススメ‐人生を豊かにする知識‐ -
簿記のススメ‐人生を豊かにする知識‐ -
面白いのは最初だけで、半ばから退屈でした。特に、簿記の歴史やアメリカの簿記など、誰が知りたいのだろうか。引用が多く読み難く斜め読みで飛ばしました。
総国民が簿記を学ぼう!!な志があるようですが、そうであれば、もう少し分かりやすい文体で説明すべき。この一冊を読んで、簿記が人生を豊かにする知識とは結びつきません。皮肉にも、簿記の勉強≒小難しい印象が残ります。
posted by のびー at 07:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月07日

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ

2016年読書:24冊
================================
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫) -
ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。 (講談社文庫) -
なかなか話が進まずもどかしくかったが、一気に進展。
女同士の関係性がテーマなのか、共感できるところもありつつ、「なぜ、こう考えるのだろう」と疑問符が付くこともありました。
特に残ったのが2点。一つ目は教育の重要性、及川 亜理紗の考え方が好きだ。二つ目は母親との関係。何が”普通”なのかは難しいが、子離れ/親離れも含め重要だなと。
posted by のびー at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月04日

千葉県君津市のオートキャンプフルーツ村へ

GW前半、2泊3日でオートキャンプフルーツ村@千葉に行きました。妻が、2月ぐらいに電話したら、たまたま空いていたそうで、初めてのキャンプ場です。

GW初日、アクアライン入り口で渋滞。1時間ぐらい余分に時間がかかり、10時過ぎに到着。12時チェックインが基本のようですが、前日に(電話確認が必要)空いていれば9時以降でチェックインできるようです。

普段はどういう割り振りか分かりませんが、2家族分としてB7/B8区間が決まっていました。前日に雨が降っていましたが、水はけも良く、雨の痕跡はありません。木々に囲まれて、多少のプライベート空間を確保、さらにロープで吊ったボールブランコがあり。
P1250331.JPG P1250329.JPG
昼ごはんは、コンビニのオニギリ・パンで済ます。

GW中ですが、多少の空き区間があります。チェックイン時に、電話問い合わせがあり「ごめんなさい、空きはありません」と応答していたので、わざと満杯にしない方針なんだろう。短期間での稼働率を上げるよりも、満足度を上げ、リピータを増やす。結果として、通年の稼働率を上げることを狙っているのだろう。

トイレが新しく作られたようで、キレイでした。
炊事場は新しくはないが、よくメンテされており整っています。もともと、サイト数が少ないことから、トイレも炊事場も混みません。
P1250409.JPG
お風呂は、車で10分ほどのロマンの森共和国内にある白壁の湯へ。う〜ん、悪くないけど、幼稚園児も小学生も同料金で割高でした。

カヌー体験:1500円/時間でレンタルできます。大人2人と子供2人で、カナディアンカヌーに乗って、水上散歩。妻も子供もおおはしゃぎで楽しみます。
P1250479.JPG

12時前にチェックアウトして、木更津アウトレットへ。さすが、GW真っ最中で駐車場とフードコートは混んでいましたが、広くて混んでいるようには感じませんでした。
結局、5時過ぎまで遊んで6時ぐらいに出発。アクアラインで多少混んでいましたが、スーパーに寄りつつ8時過ぎに帰宅。天候に恵まれたキャンプだったので、後片付けがラク。

家から近いし、良いキャンプ場でした。妻も気に入り、「夏は平地で暑そうだから、秋にね」とのこと。
posted by のびー at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

図書館で暮らしたい

2016年読書:23冊
================================
図書室で暮らしたい -
図書室で暮らしたい -
小説かと思って借りてきたら、辻村深月さんのエッセイでした。エッセイよりも小説を期待していたので、落胆しつつも読み進みました。
読み進むにつれ、辻村深月さんの小説家としての生い立ちや考え、各作品に対する思い入れが良くわかりました。好きだったのが、高校生で小説家に憧れていく話。
私自身、本をまったく読まない子供でしたが、長女はかなりの読書家。ついつい、重ねあわしてしまうのは親だからなのかな。
ちょうど、「ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ」を読み始めた。タイトルの意味が取り上げられてあり、読み進めるのが楽しみだ。
posted by のびー at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする