2016年07月16日

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"

2016年読書:37冊
================================
アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" -
アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" -
受け身」から「攻め」の読書スタイルに変える。
本当に差がつくのは、本をいかに自分の仕事や成長に活かしているか、とういうこと。
一定水準までは本を読むべきだが、それを越えた後は、本を読むことを制限して、むしろ「行動」につなげることが大事である。そして、行動するための読書を習慣化すること。
耳が痛いです。本を読むがなかなか行動を変えることが出来ない。読んで満足、次の本を手に取る。読まないのは論外だが、読んで行動できないのもダメ。

以下、印象に残ったこと。
----------------------------------------
小説は「こころのひだが増える」ことを助けてくれる。
「こころのひだが増える」とは、人の痛みを知ること、自分とはまったく発想の違う人の考え方を知ることなどを通じて、感受性が豊かになること。別言い方でいうと、「心のひだが多い人」とは、ふところが深い人、器の大きい人、人の気持ちが分かる人、人間力のある人だと考え、これはリーダーシップを身につける上でも欠かせないこと。
posted by のびー at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする