2016年11月19日

2016年11月3日:全国統一小学生テスト(四谷大塚)の結果_三年生

2016年11月3日に実施された、「全国統一小学生テスト」の受験結果が返ってきました。受けたのは小学三年生の長女。三年生なので2教科のみ。

■偏差値
・算数: 57.1
・国語: 65.7
・2教科: 63.4


読書好きの長女らしく、国語は想定どおり。算数は、予想よりちょっと低めだが、初めてのテストであることを考慮すると、こんなものかな。

通信教育も塾もやらずに、自宅勉強で頑張っている。Amazonで買った公文/Z会の問題集(国語・算数・理科・社会)を、3ページ/日が日課。また、週3回だけ私と一緒に英語を10分ぐらい勉強している。
中学受験は考えていないが、小学生のうちに勉強する習慣と集中力はつけて欲しいと思い、日課の勉強を約束している。忙しいときは、自分自身で予定を立てて前倒しで取組むことを伝えており、よく頑張っていると思う。 
来年は長男も小学一年生、すこしづつ取組んでいこう。
posted by のびー at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 妊娠・出産→子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

地方銀行消滅

2016年読書:61冊
================================
地方銀行消滅 (朝日新書) -
地方銀行消滅 (朝日新書) -
地方衰退に伴い、地方銀行も整理・統合しなければ生き残れない、という主張。
銀行業界はよく分からないが、地方銀行・信用金庫の多さに驚いた。普段気にしたことはないが、全国津々浦々、数多くの金融機関が存在している。

 さて、本書では今後、全国140ほどの金融機関が、5年後には20-30に統合されると予想している。そうなると、大幅な人員削減も免れないし、顧客にも大きな影響がでるのだろう。私自身は、一般サラリーマンとして、大手メガバンクと第一地銀しか利用していないが、自営業である実家は色々な付き合いが多い。ちょっと意識して動向を見ていこう。
posted by のびー at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】

2016年読書:60冊
================================
統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 (ファーストブック) -
統計学がわかる 【回帰分析・因子分析編】 (ファーストブック) -
統計学がわかるシリーズの2冊目。
今度は、アイスクリーム屋のアルバイト アイちゃん。
相関係数、散布図、回帰直線から、因子分析までを取り上げる。変相関係数の原理。
1冊目と比較し、難易度も上がる。因子負荷の軸を回転させるバリマックス法がよくわからなかったが、統計学のさわりをだいぶ感じることができた。
特に、散布図と相関係数は、統計検定3級に対象になるので、よかったです。
posted by のびー at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする