2011年12月17日

真夏の方程式

2011年読書:47冊
=================================
真夏の方程式 [単行本] / 東野 圭吾 (著); 文藝春秋 (刊)
久しぶりの推理小説。図書館で予約し、忘れ頃に順番がまわてきました。
さて、週末で一気に読みました。何度か読んだことがある、"湯川博士(教授)"シリーズ、良かったです。環境保護団体、デスメック、あれれ?と思うこともありましたが、たぶん些細なことで、逆にすべてがピッタリとなるのが不自然なのかな。
波瑠ヶ浦、どこがモデルなのか分かりませんが、今年の夏は子供を連れて海に行きたいなと思う一冊でした。
posted by のびー at 17:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

湯川と少年
Excerpt: 小説「真夏の方程式」を読みました。 著者は 東野 圭吾 あのガリレオ 湯川シリーズ 新作長編です 今回もやはり読みやすく 引き込まれますね ストーリーとしてシンプルというか オーソドックスで ..
Weblog: 笑う学生の生活
Tracked: 2011-12-25 18:17