2006年12月17日

Mississippi State University

母校のESL(English as Second Language)から郵便物が来ました。卒業してからも一年に一度ぐらいこうやって送ってきます。中身は、ESLの紹介のパンフレットだけですが、、、。
IMGP1376.JPG IMGP1377.JPG
ESLに行っていたのは、10年ぐらい前になります。半年ぐらいESLに通いTOEFLの勉強をして、学部に入りました。 日本では高専を卒業していたのですが、前例がまったくないということで、単位の移行は認められなく1からのスタートとなりました。 ということで、ミシシッピでの滞在は長かったです。5年間です。途中、一年働いたので、英語学校半年、大学3年半、仕事1年の5年間です。 卒業式が終わったときの写真です。 あの格好をして式に出ました。地元の人は両親が来るのですが、さすがに日本からは来ませんでした。 真ん中は、図書館にあった、トリケラトプスの化石です。なぜ?と聞かれると分かりませんが、あるとき、急においてありました。なぜかは不明です。 右は、適当な校舎の写真です。大体、全てがこんな感じです。南部の田舎大学なので土地だけは広くて、学校の中をバスが走っていて、ゴルフコースもありました。歩いて回ると2時間ぐらいはかかります。授業によって校舎が変わるので、はっきり言って10分の休み時間では間に合いませんので、考えて授業をとる必要があります。ほんと、広いです。
PC130027.JPG library2.JPG msu_po~1.jpg
色々ありましたが、良いところでした。 工学部に4年いましたが、学部の日本人は一人だけでした。ということもあり、結構、色々、"日本人とは、、、、日本では、、"みたいな事を頼まれやってきました。100人ぐらいのクラスで、日本のピザとは!!を話したこともあります。翻訳も結構ありました。君が、人生で最初に会った、日本人だよ!!みたいな人ばかりです。

一般的な州立大学なので、決してレベルの高い大学ではないのですが、それでも工学部は一番きつく、毎日毎日、図書館にこもっていました。留学生ということで、勉強は出来て当たり前というプレッシャーもあり、勉強をするために来たと思って、今思うと、勉強漬けでした。ほんと、懐かしいです。 NY, CAとかと違い、全く何も無いところですが、古き良き南部の生活を感じることが出来ます。特に貧しい州、人種的な問題はありましたが、今思うと、ミシシッピでよかったなと思います。

左の写真は2年ぐらい住んでいた、アパートです。もう、町全体が、大学の町なので、住民は95%学生です。プールが普通で、4,5月ぐらいから元気な若者は泳ぎます。真ん中は、合成パノラマで撮った、リビングの写真です。4Bed roomだったので、私のほかに3人のルームメイトがいました。右は、大学の中央からの写真です。
view_apartment.jpg panorama_kitchen.JPG panorama_library.JPG

興味がありましたら、↓のHPをどうぞ。MSUに質問があれば、何でも聞いてください。
http://www.msstate.edu/
posted by のびー at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。