2013年09月21日

地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会

2013年読書:25冊
=================================
地方にこもる若者たち 都会と田舎の間に出現した新しい社会 (朝日新書) [新書] / 阿部真大 (著); 朝日新聞出版 (刊)
「ほどほどパラダイス」のショッピングモール、つまりイオン。うちの地元もまさに本書の通りで、休みの日はとりあえずイオンと言う事が多いようだ。わざわざ都会に出なくても、ほどほどの楽しさ。何かに守られた楽しさがある。
ただ、仕事がない。まったく無いわけではないが、限定されている。自分自身、帰りたいと思ったりもするが、今までの経験を生かした職種はかなり少ないと思う。現実的な落とし所としては、退職後か、少し早く一線を退いたときかな。
posted by のびー at 07:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/375371825

この記事へのトラックバック