2015年06月05日

将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!

2015年読書:26冊
=================================
将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! -
将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる! -
音読、一音一音ハッキリ読み、読書量=国語力、すべての基本となる読解力。本を読む習慣と環境。音の良い本、音を聞かせるのが読み聞かせ。
7歳の長女はよく本を読む。多いときは週に5-6冊。小学校4年生ぐらい向けの本も読むし、歴史や人物に詳しい。今思うと小さいときによく絵本を読み聞かせていた。お気に入りの本があって、何度も何度も読み聞かせていた。まさに、本書で推奨している「めっちゃ読み」だったと思う。平仮名も片仮名も、文字を覚えるのが早かった。
長女と比べると長男は読み聞かせの習慣は減った。平仮名も不得意、まずは読み聞かせを習慣づけよう。動物や恐竜が好きなので、絵本から。
あと、親も読もう。私は10冊/月程度、妻は2-3冊/月を継続だ。
posted by のびー at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/419488297

この記事へのトラックバック