2015年11月08日

地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減

2015年読書:44冊
=================================
地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書) -
地方消滅 - 東京一極集中が招く人口急減 (中公新書) -
多少の読み難さはありますが、非常に興味深い内容でした。このままいくと、2050年には9070万人。人口急減よりも、多くの地方が消滅していく。

・「出産適齢期女性の絶対数 x 出生率」で、出産率の高い地方都市では適齢期の女性数が少ない。逆に、出産率の低い都市部では、適齢期の女性数が多い。
・少子化だけではなく、地方から大都市への人口移動
・25年後の2040年には、若年女性人口比率
・医療、介護の雇用不足により東京に人材が吸収される
・東京に人口が集中する極点社会の到達
・高スキル移民の受け入れ
posted by のびー at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック