2016年08月11日

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

2016年読書:43冊
================================
結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる -
結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる -
四の五の言わず、さっとやる人ができる人である、確かにその通りだ。できない理由をあれもこれもと説明されるよりも、最小でもやってみるほうが良い。

本書のキーワードは、「「気分」と「視座」を変えること」である。
行動するために何よりも大切なのが「気分」であり、「気分」はコントロール可能である。
視座とは、「視点と立場」であり、視座を変えると行動するための不安が軽減されるのである。
また、行動できない人の思考の癖、行動できる人の思考の癖、周りを巻き込む考え方を紹介している。

私の行動を阻害する思考の癖は、2点。
・自分の力」だけで解決しようとする
・まだ○時間あるから大丈夫と考える


自分だけで解決しようとして、さらに取りかかりが遅いとうい最悪パターンにはまることがある。意識して、マイルストーンを設定し、行動しようとするが、なかなかうまく行かない。本書で学んだことを活かして、「すぐやる人」へと進化しよう。

以下、印象に残ったこと
----------------------------------------
・行動してしまえば後は楽、ということを知っている
・考えるが悩まない、考えることと悩むことは違う
・気分をコントロールする方法
1.気分は選択できると知る
2.「感情表現の3要素(表情・動作・言葉)で気分を切り替える
3.思い出すだけで気分が変わる
4.想像しただけで気分は変わる
5.気分は伝えることができる

・周りを巻き込む10秒チェンジ
・相手をコントロールするのではなく、相手の行動力を高める
・ほめるのをやめて、「私メッセージ」で伝えると相手が動き出す
・人生を変える人は「自分の目標」を持っている
posted by のびー at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440959059

この記事へのトラックバック