2016年10月01日

朝が来る

2016年読書:53冊
================================
朝が来る -
朝が来る -
都内に行く用事があり、往復の電車で一気に読み終えました。
響いたのは、清和と佐都子との会話。
うちには幸い、父親の役割ができる人間と、母親の役割ができる人間の両方がいて、子どもを育てるための環境がある。- この環境が役に立つなら、使ってもらうのもいいんじゃないかと思ったんだ。そんな理由じゃダメかな

片倉ひかり。いろいろと思うところはあるが、一番の問題は無知な事。小さい時からの常識や教育は、何よりも大切なんだと、改めて感じる。
posted by のびー at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック