2016年10月28日

ゼロから始める! 「民泊ビジネス」の教科書

2016年読書:57冊
================================
ゼロから始める! 「民泊ビジネス」の教科書 -
ゼロから始める! 「民泊ビジネス」の教科書 -
ホスト居住型、ホスト非居住型。現在の日本では、ホスト非居住型を前提に法整備されている。欧米では逆にホスト居住型が主流。これは、歴史的背景で欧米では不在時に、住宅を貸すことが一般的であったため、ホスト居住型になじむ。
対して、日本では、ホスト非居住型。法整備の面から考えると、圧倒的に対象となる母数が異なり、ある程度の知識を持った不動産にホストとなるため、管理しやすい。まずは、ホスト非居住型から初めて少しずつホスト居住型に対応していくのだろう。

本書、あくまでもビジネスとして、ホスト非居住型での指南書である。民泊用の物件を確保し、効率的に収益をあげるのか。表紙には、老夫婦が旅行客を出迎える挿し絵があるが、内容はホスト非居住型であり、ホスト居住型を前提とした話はない。現状、大田区に代表される国家戦略特区においても、ホスト非居住型のみが許可されているようなので、仕方ない面もあるが、表紙がミスリーディングなことは残念である。住まいに空き部屋があるとしても、合法的に民泊を行えない。。。う〜ん、

さて、私自身が民泊をビジネスとしてできるか。第一に民泊用の物件がなく、購入する資金もない。この時点で、今の環境ではできない。
次に、九州の実家で、安価な民泊用物件を購入するケースは、どうか。インバウンドにも期待できるし、見込みがあると思う。何らかの理由で九州に戻ることになれば、真剣に考えよう。ただ、今のうちに時流にのらないと、大きな果実は掴めない。
さて、近辺でAirbnbに登録している物件があるのかな。観光名所ではないが、横浜・湘南には出やすい。区内には無いが、市内ではちらほら。やはり、特に海岸沿いに多い。
posted by のびー at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック