2016年10月30日

統計学がわかる

2016年読書:59冊
================================
統計学がわかる (ファーストブック) -
統計学がわかる (ファーストブック) -
ハンバーガーショップのアルバイト、エミちゃん。ポテトの長さ、本数、新メニューの売り上げまで、統計学を駆使して解決策を導く。
平均、分散、標準偏差から、t分布、カイ2乗分布まで、統計学の初歩を解説。
分かりやすく、非常におもしろかった。具体例と、結局、どうなるのかを明らかにする。
帰無仮説、有意水準とか教科書で学ぶと、???となるが、具体的な事例で説明されると、納得。
難しいと思ったのは、有意水準。5%なのか1%なのか、ここは業態によって、選択肢が異なるのだろう。
統計学のつかみとしてよい一冊でした。
posted by のびー at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック