2016年12月14日

財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済

2016年読書:67冊
================================
財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書) -
財務省と大新聞が隠す本当は世界一の日本経済 (講談社+α新書) -
大新聞は財務省の広報舞台となっており、財務省のよいように情報を広めている。
財務省にとって望ましいのは、ある程度景気が悪いこと。国の借金は、一人当たり約830万。だから、増税は仕方ない、、、とリードすること。
著者によると、日本政府は、世界一の経済を持っており、700兆円。アメリカ政府は150兆円なので、文字通り世界一。増税なんてする必要はない。
財務官僚は法学部出身者ばかりなので、経済の話は分からない。中国のGDPなんて嘘八百なので、日本は実質的に世界2位であること。
う〜ん、なにが正しいのかよくわからない。日本政府はお金持ち、過度に心配して右往左往する事にないように気をつけたい。
posted by のびー at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック