2017年01月07日

貧困のハローワーク

2017年読書:2冊
================================
貧困のハローワーク (彩図社文庫) -
貧困のハローワーク (彩図社文庫) -
貧困ビジネス、ブラック企業、ワーキングプア・・・
どこまでが本当なのか。飯場労働者、シングルマザー風俗嬢、チェーン居酒屋店長など、17職種へのインタービューをまとめる。程度の違いはあれ、一度でも非正規に足を踏み入れると正規雇用に戻るのはきわめて難しい。また、正規雇用とは名ばかりで実体はアルバイト以下の賃金。17種類の職業の実体から、現代社会の矛盾が見える。
共通して感じたのが、
・一定のレベル以上の大学卒であること
・コミュニケーション能力の重要性
・幼少期からの躾

の3点が、重要。運や背景もあるが、教育がいかに重要かと改めて感じた。学歴だけでなく、自律して活きる能力を子供の時から伸ばしていくこと。
posted by のびー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック