2017年04月29日

ユニクロ帝国の光と影

2017年読書:17冊
================================
ユニクロ帝国の光と影 -
ユニクロ帝国の光と影 -
よくわかったのが、柳井正率いるユニクロのジレンマ。良い悪いはあるが、まさにユニクロは、柳井帝国。我が家も子供服を中心にユニクロにはお世話になっている。割安ながらも、品質は良い。裏側には、SPAとして徹底的な管理手法にあることがわかった。
自分自身、ユニクロの店長として働きたいとは思わないが、本部であれば学ぶことは多いのだろう。
本書は2011年の発行であり、当時の柳井社長インタビューとして「2020年に売り上げ高5兆円のグローバル企業」と挙げているが、2016年10月に3兆円に引き下げたと発表されていた。2016年度で1兆7864億円。それでも凄いな。
posted by のびー at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449433274

この記事へのトラックバック