2017年09月02日

捕まえて、食べる

2017年読書:29冊
================================
捕まえて、食べる -
捕まえて、食べる -
ビーパルに紹介されていた。文体が軽く、すらっと読み終えました。自分自身で採って食べる。ふだんの生活では意識できない、自給自足になるのかな。
特におもしろかったが、3つ。
・世界で二番目に臭い料理、ホンオフェをエイから作る
- 同業者とおもわれる友人達のコメントがおもしろい。とりあえず、便所のような臭いで、一般的には食べれない代物だと理解した。
・天麩羅の高級ネタ、ギンポを針金ハンガーで釣りたい
- 父につれられていった、子供の頃のつりを思い出す。50cmぐらいの糸に、針とおもりを付けて穴釣り。今思うと、あれはギンポだったのかな。直接の感覚がおもしろく、またやりたいな。
・日本海の離島、栗島のタコを捕まえる大会で優勝したい
- これはおもしろそう。是非とも、来年の目標にしようかな。

昔々、学生の頃、クリスマスの夜、寮に残ったメンバーで、適当に捕まえた鯉とカモ?を食べた事件?があった。私は実家に帰っていたので参加できなかったが、冬休み明けに戻ってきたときに、台所がすさまじい状態になっていたのを覚えている。著者は、そのときの想いに虜になっているのだろう。うらやましい反面、やばいな〜とも思う。


posted by のびー at 07:58| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。