2016年07月22日

はじめての問題解決力トレーニング―――図を描けば本当の問題点が発見できる

2016年読書:39冊
================================
はじめての問題解決力トレーニング―――図を描けば本当の問題点が発見できる -
はじめての問題解決力トレーニング―――図を描けば本当の問題点が発見できる -
図書館の新書コーナーで見つけ、一読。パン屋が直面する問題を事例に、問題解決の手法を説明する。
普段、問題解決とは縁遠い人たちをターゲットとしており、細かな精度よりも"あたりづけ"が出きることを目指す。
さて、何はともあれ「チャートを描いて理解を深める」こと。コンセプトチャート、バリューチェーン、ロジックツリー、マトリックスなど。事実をチャートに落とし込む。落とし込んだ後は、並べ/比べ/グループ化/変化をみる。

昔、会社の研修でロジカルシンキングを徹底的に学んだことを思い出す。
フレームワーク、もれなくだぶりなく、帰納法」あとは、「対症療法の罠に陥らない」、大事ですね。
posted by のびー at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

「学力」の経済学

2016年読書:38冊
================================
「学力」の経済学 -
「学力」の経済学 -
他人の子育ての成功体験を真似しても自分の子供もうまくいく保証はない、教育は「一億総評論家」。どこの誰かの成功体験や主観に基づく逸話ではなく、科学的根拠に基づく教育を!が本書の主張。
なるほど、一億総評論家とは的を得た表現。科学的根拠=エビデンスベースで、最大の効果を得られることを目指すべきだと。
Amazon評価は分かれるが、私としては非常に面白かった。あくまでも経済学的な視点で学力を最大化することを目的としており、可能な限り主観を取り除く。そう思うと、よく聞く教育評論家なんてものは、主観の塊なんだろう。

以下、印象に残ったこと
----------------------------------------
・平均的な学力の高い友達の中にいると、自分の学力にもプラスの影響がある
・人的資本への投資はとにかく子どもが小さいうちに行うべき
・非認知能力は将来の年収、学歴や就業形態などの労働市場における成果に大きく影響する
・学校は学力に加えて、非認知能力を培う場でもある
・重要な非認知能力「自制心」「やり抜く力」
・しつけは勤勉性という非認知能力を培う重要なプロセス
・目の前の定期試験のために、部活や生徒会などをやめさせることには慎重であるべき
posted by のびー at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月16日

アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書"

2016年読書:37冊
================================
アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" -
アクションリーディング 1日30分でも自分を変える"行動読書" -
受け身」から「攻め」の読書スタイルに変える。
本当に差がつくのは、本をいかに自分の仕事や成長に活かしているか、とういうこと。
一定水準までは本を読むべきだが、それを越えた後は、本を読むことを制限して、むしろ「行動」につなげることが大事である。そして、行動するための読書を習慣化すること。
耳が痛いです。本を読むがなかなか行動を変えることが出来ない。読んで満足、次の本を手に取る。読まないのは論外だが、読んで行動できないのもダメ。

以下、印象に残ったこと。
----------------------------------------
小説は「こころのひだが増える」ことを助けてくれる。
「こころのひだが増える」とは、人の痛みを知ること、自分とはまったく発想の違う人の考え方を知ることなどを通じて、感受性が豊かになること。別言い方でいうと、「心のひだが多い人」とは、ふところが深い人、器の大きい人、人の気持ちが分かる人、人間力のある人だと考え、これはリーダーシップを身につける上でも欠かせないこと。
posted by のびー at 16:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月08日

車検

今回は、ユーザ車検ではなく依頼しました。
理由は、3点。
・ブレーキパットの交換時期だった
・右折時に左前タイヤからカタカタと異音がしていた
・9年目になるので、点検して欲しかった


ブレーキパット交換を含め、総費用は93,360円。走行距離は6万キロ弱、特に不調も無し。シエンタ、今の生活スタイルでは、ちょうどよい大きさ。壊れるまで乗るのかな〜。

posted by のびー at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

プロジェクトマネージャーに合格

無事、合格していました。予想よりも午後Tが低かったが、午後Uには自信がありました。
が、やはり合格発表をみるときは、緊張します。
プロマネは何年も目標にしていた資格なので、無事に取得できて感無量です。
PMP、CompTIA Projectとプロマネ。プロマネ系は、お腹いっぱい。

プロマネ合格.jpeg

さて、次はITサービスマネージャのリベンジ。
論文はだいぶコツがつかめたので、問題は午後T。大体、55-65ぐらいでフラフラするので、丁寧に勉強していく。午後Tは国語問題とも揶揄されるが、それならば国語力を高めていくしかない。試験日は10月半ばなので、8末から2ヶ月弱がんばろう。
で、まだ来年になるが、次の情報処理は、システム監査技術者(AU)の予定。高度情報処理4つ合格すれば、シーカヤックが買えるのでがんばろう。
posted by のびー at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

老後破産:長寿という悪夢

2016年読書:36冊
================================
老後破産:長寿という悪夢 -
老後破産:長寿という悪夢 -
家族、健康、仕事。
この3つが成り立ってこそ、健全な老後を過ごすことができる。1つでも不足すると、老後破産が他人事では無くなる。
国民年金は、家族三世代が同じ屋根の下で暮らすことを前提に設計され、その前提を外れた家族構成ではあれば、国民年金68000円/月で暮らしていけない。生活保護のほうが、実施的な暮らしは楽だともいえる。
さて、私自身は、どうなるだろうか。
専業主婦と子供二人。65歳まで働けば、20万/月ぐらい。+月10万ぐらい、あれば余裕をもって過ごせるだろう。とすると、年間120万、70-90才までの20年間として、2500万の預貯金。子供たちの大学卒業までお金がかかるとして、その後、どのぐらい貯金できるかな。
心配は妻のヘルニア。60ー70才になれば、悪化するだろう。経済的にも肉体的にも、苦しくなるだう。
今のうちに、健康な体を作ってほしいな。
posted by のびー at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン

2016年読書:35冊
================================
仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン -
仁義なき宅配: ヤマトVS佐川VS日本郵便VSアマゾン -
おもしろかった。
ヤマト運輸、佐川、日本郵便。Amazonを巡る、三社のバランス。
送料無料の裏には、全国一律配送料は270円/個で契約しているそうだ。個人発送の場合、関東から九州まで1000円程度、いかにAmazonに有利な契約なんだろう。宅配業界、特に現場ドライバーは疲弊している。佐川がAmazonとの提携を打ち切ったようで、Amazonとの関係は企業戦略に直結するのだろう。
宅配は社会インフラである、米国のUPSなんかと比べると、日本の宅配は圧倒的に高品質である。「天地無用、割れ物注意」と、シールを貼るがすべて無料。
社会インフラとして重要だと思うが、我が子に働いてほしいと思う業界ではない。とくに現場作業員の負担は相当なものだろう。

Amazonは物流会社。日経ビジネスでAmazon特集を読んだ。日本法人の社員数は3000人ほど。IT企業としては、賃金は安いらしい。IBMと同じように、一定の成績をあげないと、解雇になる制度のようだ。労働組合が最近できたようで、大変そうな職場なのかな。
posted by のびー at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月15日

PENTAX K-S1(200ダブルズーム限定キット)を購入

子供の運動会で、徒競走が上手く撮れなくデジタル一眼購入を決意。
用途は、子供の運動会用なので、200mm以上のズームが必須。色々調べて、予算的に、5機種選定。
・Canon EOS Kiss X7
・ニコン D330
・ニコン D5300
・PENTAX K-50
・PENTAX K-S1


PENTAXがユーザー数が少なそうなので、PENTAXかな〜と思っていたら、AmazonタイムセールでK-S1が、200mmズームセットで、約35000円。5分ぐらい迷って、ポチッと。
P1260515.JPG
posted by のびー at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第143回 簿記2級を受験

6月12日(日曜日)、簿記2級を受験しました。
結論として、第2,3問を解かずに途中退席。11月にリベンジです。
P1260347.JPG
============================
第1問:12点仕分け
4問解いて、1問はパス。
第2問:0点
パス
第3問:0点
パス
第4問:10点個別原価計算と原価差異分析
一通り解けました。
第5問:18点標準原価計算と原価差異分析
一通り解けました。
----------------------------
勉強期間:4/18〜6/12
総勉強時間:89時間
勉強内容:
・商業簿記2級の教科書を2周+α
・工業簿記教科書を2周+問題集

総括:
予想以上に工業簿記が難しく、5月末の時点で工業簿記のみに注力することに決めました。淡い期待としては、試験日までに工業簿記が終り、商業簿記の一部分に手をつけ、70点ギリギリで合格!と考えていましたが、工業簿記さえも終わらず、受験日を迎える。
敗因は2点。1点目は、そもそもの勉強期間が短かった。最低限2.5ヶ月は見積もるべきであった。2点目は、最初の2,3週間があまり勉強しておらず、2週間分が勿体無かった。
次は11/20。1ヶ月前に情報処理(ITサービスマネージャ)があるので、7-8月で勉強し、11月は過去問に集中する計画。
3級に比べ、難易度は上がったが、貸借対照表、損益計算書もだいぶ読めるようになったので、勉強自体は面白かったです。特に工業簿記は、最初とっつきにくいが、慣れるとパズルのよう面白かったです。
============================
posted by のびー at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月13日

ユーコン川を筏で下る

2016年読書:34冊
================================
ユーコン川を筏で下る -
ユーコン川を筏で下る -
野田 知佑さんらしい一冊。
自作の筏で、数人の仲間と愛犬で、ユーコン川を筏で下る。時間をかけてゆっくりゆっくり下る。
釣り・読書・ビールを楽しみゆっくりと下っていく。
ユーコン川に行ったこと無いが、心底楽しんでいることがよく分かる。ますますカヤックがほしくなる。
少し前に、嫁と相談して、「高度情報処理を4科目取得すれば検討」と合意をした。最短で2年間、がんばろう!!
posted by のびー at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする